ベトナム旅行最終日 本日はミトーのメコン川クルーズとタイソン島散策です

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161203193010j:image

朝のロビー。ホーチミンでの滞在はニューワールドサイゴンホテルでした。ベンタイン市場から歩いて5分位の場所でしょうか。9:00にミトーへ向け出発‼️

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204005133j:image

高速に乗ります。ホーチミンからミトーへは1時間半位、との事。ホーチミンの南西に位置し、ガイドブックによると「メコンデルタの一角にある」そう。メコンデルタ…なんか、聞いた事あるぞ…あれはうん10年前、私がまだ可愛かった頃、社会の授業で習ったような?でもなんだっけ?はい、調べました。チベット高原から流れ出し東シナ海にそそぐメコン川が作り上げた河口部の三角州!です。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204013903j:image

今日は少し風が強く、波がたってます

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204090147j:image

さて、舟に乗り込みましたよ、出発だ!

メコン川の中洲の1つ、タイソン島に上陸。中洲の中では比較的大きい島で長さが10キロほどあるそうです。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204090313j:imagef:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204090328j:image 

ジャックフルーツ・・・どんな味するの?

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204090417j:image

ロンガン・・・ライチみたいな?

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204090544j:image

島の中には蜂蜜工場がありました。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204090758j:image

テーブルに準備してあって、島に上陸すると次々とテーブルに送り込まれます。ホット蜂蜜飲みながら一通りのうんちくを聞かされます。蜂蜜とローヤルゼリーを売ってきましたね。「オネサンヤスイヨ、イッコセンニヒャァクエン、ロッコデロクセンエン」が始まっちゃって、つい買ってしまう…

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204130712j:image

こちらには猿やニシキヘビがおりまして、「ヘビ、クビマイテシャシントレルヨ」と勧められましたが丁寧にお断りしました。ヘビ嫌いの連れに写真はアップするな指令が出ましたので、残念ながら映像は無しです。

お次はココナッツキャラメル工場。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204131127j:image

ココナッツをしぼり取り1時間ほど煮詰め、ピーナッツを加え成形していきます。全て手作業です。試食をいただき、サンコセンエン攻撃に打ち勝ち、次の場所へ!

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204231930j:image

お次はフルーツをいただきました。先ほど木になっていたロンガン、皮をむいたらライチのように白い透明な果肉の中に黒い大きな丸い種が入っていて、まさしく龍眼でした。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204232404j:image

合間にお姉さん達の歌の披露がありました。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204232603j:image

やっとジャングルクルーズ乗り場です。ここまで長かった〜3つの関門をクリア(⁉️)してやっとこさたどり着きました!いざ出発‼️

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161204233041j:image

川の両側にはニッパヤシが生い茂ってます。狭い川には観光者の乗った舟とお客待ちの舟とで混み合ってます。登り、下り、すれ違うのも困難なほどガッツんガッツんぶつかり合いながら進みます。

あーやっと空いてきたなぁと思っていたらもう降舟場所でした。まあ、観光地ですからね、秘境じゃないしね、こんな感じでしょうかね。まあ、まあ、まあ。ですね。ニシキヘビでも首に巻いておけば秘境感が出ましたかね。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205024931j:imagef:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205024951j:image

民家。洗濯物干してあり生活が垣間見れます。

メコン川のしぶきを浴びながらミトーの街へ戻ります。そしてランチです。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205005636j:image

Q なんでしょう⁇

A エレファントイアーフィッシュとグレートボール

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205005907j:image

こんな顔!歯が怖いような間抜けなような。どーやって食べるんだ?ただのオブジェか?

が、心配ご無用。お姉さんが食べ方の見本を見せてくれます。ライスペーパーにブン、スライスキューリ、パイナップルを乗せ、エレファントイアーフィッシュの身を入れて巻いてスイートチリソースにつけて食べます。メコン川に生息する淡水魚で、味は見た目とは裏腹に淡白です。日本語表記は象耳魚。

グレートボールの方はいわゆる揚げ餅です。砂糖の入った柔らかめの餅を油で揚げ風船のように膨らませたもの。ハサミで風船をチョキチョキ切って餅を巻いて召し上がりました〜!

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205020111j:imagef:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205020125j:image

そして又1時間半かけてホーチミンへ戻る。3時頃ホテルに戻り、市内をぶらつく。

今回の旅行はてんこ盛りをうたったツアーだったのでいろいろ詰め込まれていたけれど、車で連れまわされているだけなので街中の空気を肌で感じる事はあまりなかった。

いつもの旅行スタイルはバスや電車を調べて乗り間違えたり行き先間違えたり、歩き続けた挙句方向間違えていたり、時間を無駄にしているようで、でも話せないながらも現地の空気を肌で感じたり街中の人に聞いてみたり(言葉通じないけど?)ちょっとだけその国をのぞいたような気分にもなれていたけど、今回のベトナム旅行では出発までのこの5時間だけが私たちに与えられた時間です。

歩くぞ〜少しでもホーチミンを肌で感じるぞ〜、数時間だけど…でも目指したのは高島屋…なんやねん‼️やっぱおばさんは高島屋落ち着くんねん。

地図を見ながら歩き出すが、早速難関が…五叉路が渡れない…が、そこに救世主現る!ホテルのドアマンが仕事明けで帰宅途中、街中でウロウロしていたおばさんを見つけて、「ホテルで何度も見かけてましたよ」と声をかけてくれた。もう〜私達美人だから覚えちゃったのね〜?いえいえ、現地の人に似てるらしいです…ベトナム顔?

ベンタイン市場でご飯を食べて帰るというのでそこまで一緒に話しながら連れて行ってもらう。

そこから高島屋は間違えようがないほどすぐで、高島屋の後はドンコイ通りまで足をのばし、途中、人民委員会庁舎、市民劇場などを写真に収めて帰りました。

f:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205023455j:imagef:id:bobby-gureco-goncyusensei:20161205023505j:image

ハノイとは同じベトナムでも気候が違い、立っているだけでもジト〜っと汗が出てきますが、ウロウロしてると全身汗ばみます。幸いホテルのチェックアウトが21:00だったため散歩から帰りシャワーを浴びてさっぱりすることができました。最後に2時間全身リンパマッサージを堪能して空港へと向かいました。0:40発。5日間長かったけど、もう帰るの?って感じもします。

楽しかった非日常も終わり、成田に帰ったら又忙しい日々が待っています。少しは心のリフレッシュも行えたので、又頑張るぞ〜っと?